ジートライズ レスキュー研磨工場

試してみませんか? ワンランク上の研磨加工を! 研磨暦20年のノウハウで、サブミクロンからの平行、平面度 面粗さ0.1z(鏡面)を実現

工場長のプロフィールと実績はこちら
超精密研磨へのこだわり
  • 超精密研磨へのこだわり
  • 超精密研磨加工のメリット
  • お電話でのお問合せ TEL.052-509-5531 WEBからのお問合せはこちら

超精密研磨加工のメリット ここにはリード分が入ります。ダミーです。このコピーはダミーです。ダミー分が入ります。□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

研磨加工を行うことで以下の点に貢献できます。

精度出しに苦労している切削加業者さまへ 製品が安定する為、作業効率が向上

平面度、平行度、直角度を出すことにより、バイスの浮き上がり防止、及び軽減、整列度が出ている為に次工程の作業性UP(精度出し)、芯出し精度向上(裏、表の穴加工、端面からの寸法出し)、クリアランスが極小(現合、滑合など)、ベースなど製品の基準となる物の平面度を極力精度出しすることにより、組み付け時間短縮、調整が楽になった!など
製品情報へ

image-3053

精密治具、金型製造業者さまへ 治具、金型などの精度、耐久性が向上

切削加工などによる歪みや、ねじれ、平行度、直角度を向上させることにより治具、金型の精度が大きく向上。
また、ワイヤーカット、放電加工など長時間にわたり加工液に浸漬けすることで電解腐食、熱により硬度低下するいわゆる「変質層」を研磨加工にて除去することにより、金型や製品の耐久性を向上させます。
製品情報へ

image-3118

購買担当者様、生産技術部担当者さまへ コストダウンに貢献?

研磨加工をすることにより、製品精度が上がりますので、機械トラブルの低下、面荒さが上がる為、耐久性の向上などが考えられます。
一見研磨加工をすると単価が大きく跳ね上がるように思えますが、後々のランニングコストを考えますと、必ずしもそうではない場合も多々あります。場合によってはむしろメリットもでてきます。
弊社がコストダウンに貢献した一つの事例を紹介します。
製品情報へ

image-1530

加工可能サイズ

研磨の種類 サイズ 条件
平面研磨 600*300*320 (横*幅*高さ)  -
溝研磨 幅1ミリ~  -
溝研磨深さ MAX50ミリ  -
円筒研磨 長さL=850  Ф1~Ф300まで 但し20キロまで
内径研磨 長さ:Фd*5 Ф1.5~200まで 20であれば100 20キロまで

加工可能な材質

加工可能、
および実績がある材質
SS400、SPCC、S45C、S50C、SK3~SK5、SKS3、
SLD-MAGIC、SKD11,SKD61、SKH51 FC30(鋳物)
超硬 その他鉄系全般に扱えます。 上記と同等な材質
一部、および
条件付な材質
セラミックス
ステンレス系:SUS420、SUS440、SUS303、SUS304、SUS316
アルミ系:A5052、A2017、YH75
銅系
その他同等な材質
↑このページのトップへ