角度研削 メイン画像
角度研削とは
「角度研削とは」参考

角度研削とは

精密な角度公差がある部品。 可傾式チャック(角度を変更できるマグネットチャッ ク0°F~45°F)、サインバーを使用して角度の研削加 工をします。

角度研削とは

測定方法
可傾式チャック、サインバーにセットして角度測定を 行います

角度研削の重要性

平面研削における角度加工の重要性は、製造業や加工業界において多岐にわたります。

  • 寸法精度の確保:角度加工により、対象物に必要な角度が正確に付与されます。例えば、 測定に使用される V ブロックは角度が正確に形成されている必要があります。角度が不正確 である場合、測定の精度が損なわれ、品質保証に影響を及ぼします。
  • 機械部品の組み立て性: 角度加工は、機械部品の組み立て性にも直結します。部品同士が特定 の角度で接合されている場合、正確な角度加工が必要です。角度がずれていると、部品同士の接 合が困難になり、組み立てプロセスが妨げられる可能性があります。
  • 機能性と耐久性:角度加工は製品の機能性と耐久性にも影響を与えます。
    工具類や機械部品の中には、特定の角度を付けることにより部品の出入りなど機能性を向上させ たり、耐久性を高めます。角度加工により、これらの要件が満たされ、製品の機能性や耐久性が 向上します。